ピンボールアローズ

こじまさんぽの「ストーリー」「ワーキングウェア」「ものづくり」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック

ワーキングウェアワーキングウェア

  1章:縁の下の力持ちを支える 作業着

1章:縁の下の力持ちを支える 作業着
心意気と心粋(cui)。
身に着けると、ぎゅっと気がひきしまる。それが最高の仕事着だ。
全国シェア7割を誇る学生服のまち、児島。自然と体操服や作業着、企業ユニフォームを手がけることになるのは想像に難くない。
1940年頃から児島の企業はワーキングウェア業界に進出した。企業や官公庁(特に建設業・土木業や官公庁の現業部門)などで使われるユニフォーム・作業服の製造販売を行っている。

こだわり

縁の下の力持ちを支える 作業着昔(xi)から、いい仕(shi)事をする職人(ren)は、細(xi)部にこだわりがある。それは自らの身(shen)に着ける衣服にも及(ji)ぶ。最(zui)高(gao)(gao)のパフォーマンスのため、自らの作(zuo)(zuo)業着にも最(zui)高(gao)(gao)の仕(shi)事を求めるのだ。制服といえば、個(ge)性(xing)よりも組織(zhi)としての統(tong)一感が優(you)先(xian)されることが多いが、作(zuo)(zuo)業着にいたっては少し事情が違ってくる。職人(ren)には個(ge)人(ren)の技(ji)術(shu)向上も欠かせない。建築現(xian)場では一流の技(ji)術(shu)者(zhe)を目(mu)指(zhi)し、今日(ri)も若者(zhe)が早(zao)朝から汗を流し、技(ji)を磨(mo)いている。そのため、作(zuo)(zuo)業着という分野においては「個(ge)性(xing)」が他のユニフォームの中でずば抜けて重要視されてきた。プロの職人(ren)に対して、最(zui)高(gao)(gao)の仕(shi)事ぶりを発(fa)揮させる作(zuo)(zuo)業着が必(bi)要なのだ。特に、自然を相手にする仕(shi)事をしている人(ren)やスポーツをしている人(ren)は縁起(qi)をかつぐことが多い。ただデザインがいい、ただ機(ji)能がいいという話ではない。この色、この形、このナンバー。すべての要素(su)があいまって、さあやるぞと気(qi)合の入るユニフォームとなる。かっこよくて機(ji)能性(xing)抜群(qun)、それでいて組織(zhi)としても美しいことが重要なのだ。

縁の下の力持ちを支える 作業着児島のユニフォームは豊富なラインナップでその難問を解決する。スタイルは職種や職場環境に合わせてセレクトできるように、トレンドのシャープさをも取り入れながら多種多彩なユニフォームを揃えている。ベーシックなパターンから、スポーツブランドのようにビビッドなカラーリング素材、江戸時代の漢を彷彿とさせる骨太で渋い素材、エッジーで都会的な無彩色まで幅広く揃う。
また、仕事着のみならず、作業服(fu)で培われたノウハウを活かし、機能性(xing)抜群な休(xiu)日服(fu)のラインナップにも力を入れている点もユニーク。現場(chang)ブランドという説得力のある防寒着(しかもおしゃれ)には興味がわくかたも多いに違(wei)いない。作業着は仕事と共(gong)に、働く人と共(gong)につねに進化し洗練し続ける。

 

細やかに現場のニーズをひろいあつめる

例えば、メディアで取り上げられ人気をはくした「セルビッジタオル」

汗や水分(fen)を吸(xi)収しやすい3層構造の生(sheng)地を使(shi)用。タオルの端がジーンズでお馴染(ran)みの耳(セルビッジ)になっているため、型(xing)崩れしにくく丈夫だ。しかも頭に結(jie)びやすいようにタオルの結(jie)び目になる部分(fen)は生(sheng)地が薄(bo)く工夫されていて、長(chang)さもたっぷりの1m。カラーリングも豊富。かゆいところに手(shou)が届くこだわりが嬉しい。業界を超えて愛用していただきたいとの思いから、全国のセブンイレブンで販売されている点も特徴的。

例えば、お洒落なブラックブーツにしか見えない「安全靴」
「ファッションは足元から」という。ブログや雑誌でもモデルのシューズコレクションは話題となるが、特に男性は小物にこだわりがあるというのは周知の事実だろう。スーツと革(ge)靴のように、こだわりの作業着とブーツの組(zu)み合わせが男心をくすぐる。

例えば、エヴァンゲリオンとのコラボレーション
世界で注目される日本のサブカルチャー。その代表格である「新世紀エヴァンゲリオン」と児島の作業服メーカーがコラボレートし、完全受注生産で「特務機関NERV」の作業服がつくられた。
同シリーズ劇中に登場する、「特務機(ji)関(guan)NERV」エンジニアユニフォームをコンセプトにリアルに再現した。 この「U.N.NERV WORK WEAR SERIES」は、U.N.NERVワークパンツとU.N.NERVオールインワン、U.N.NERVワークジャケットの3アイテム、それぞれがオレンジ、ベージュ、ブラックの3色展(zhan)開。細(xi)部にまでこだわったデザインはもちろん、「Super制電(dian)」という機(ji)能性に優れた生(sheng)地を使用。帯(dai)電(dian)した静(jing)電(dian)気(qi)をカーボンブラックを通して放(fang)電(dian)するメカニズムから静(jing)電(dian)気(qi)障害(hai)に対抗するという、本格的な仕様。奇跡を待(dai)つより捨て身の努力を積み上げるプロフェッショナルたちへ。

 

在庫管理がカギを握る

縁の下の力持ちを支える 作業着作業環(huan)境にあった機能・性(xing)能やデザイン、カラー、サイズ・・・製品の種類は驚くほどの数となる。要(yao)(yao)(yao)求があった時に「在庫切れで対応できない」ということの無いようにするためには、いつ・どんなものが・どのくらい必要(yao)(yao)(yao)になるか、消(xiao)費(fei)の動(dong)向を先読みする必要(yao)(yao)(yao)があるという。ニーズを把握するためのカタログ作成・発注・在庫の管理(li)が重要(yao)(yao)(yao)となる。

縁の下の力持ちを支える 作業着震災用の備蓄を行っている。
日(ri)本(ben)は世界でも有数の地震大(da)国と言われ、世界で発生(sheng)する地震の10~15%が日(ri)本(ben)で発生(sheng)している。さらにマグニチュード6以上の巨(ju)大(da)地震の発生(sheng)は世界の20%にも達するという。そして震災時(shi)には作業(ye)する人(ren)のための作業(ye)服(fu)が必要となる。普通の衣服(fu)では効率も悪く、すぐにダメになってしまうため、想像以上に作業(ye)服(fu)の需要は大(da)きい。そのため、児島では作業(ye)服(fu)の備(bei)蓄を行っている。まちを建て直す英雄たちを支える。そんなかたちで被災者への支援を行っている。

PAGE TOPPAGE TOP