ピンボールアローズ

こじまさんぽの「ストーリー」「学生服」「ものづくり」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック

学生服学生服

  1章:教育を重んじるDNA

1章:教育を重んじるDNA
週(zhou)5日(ri)×?年間をともにする服
「全国7割」という驚くべき生産量を誇る児島の学生服。
綿花にはじまる児島の繊維史の中で、伝統と革新を繰り返しながら、高い技術を育んできた。
学生服なくして児島は語れない。学生服業界の年2回の繁忙期(夏服・冬服)、児島は一丸となって全国各地の学生の笑顔のためにフル稼働。
新しい制服に袖を通してはにかんだ集合写真を覚えているだろうか?
あなたの制服も児島産、Made in Kojimaだったかもしれない。
そして、これからも日本の未来を育んでゆく。

教育を重んじるDNA旧閑谷学(xue)校(xiao)をご存知だろうか。江戸(hu)時代(1670年)、岡山県備(bei)前市に日本最古の庶(shu)民(min)(min)学(xue)校(xiao)として築かれたものだ。儒教(jiao)に影響をうけた岡山藩主池田光政公が士(shi)(shi)(shi)庶(shu)共学(xue)を目的(de)(de)に開いた学(xue)校(xiao)で、藩営としては日本最古の庶(shu)民(min)(min)教(jiao)育(yu)のための学(xue)校(xiao)であり、石塀(塀)内の各建造物(wu)(wu)、構造物(wu)(wu)のほか学(xue)校(xiao)全域が国(guo)の特別史(shi)跡(ji)に指定(ding)されている。特に備(bei)前焼(shao)の赤瓦が美(mei)しい旧閑谷学(xue)校(xiao)講堂は全国(guo)唯一(yi)の国(guo)宝学(xue)校(xiao)建築物(wu)(wu)である。武(wu)士(shi)(shi)(shi)による厳しい民(min)(min)衆(zhong)支配が行(xing)われていた頃(qing)、士(shi)(shi)(shi)農工(gong)商の身分制度が厳しかった江戸(hu)時代中期において、武(wu)士(shi)(shi)(shi)だけではなく農民(min)(min)など庶(shu)民(min)(min)をはじめ、なんと他藩の者(zhe)に対(dui)しても門戸(hu)を開いた。当時としては信じられないほどに先進的(de)(de)な教(jiao)育(yu)機関だった。この閑谷学(xue)校(xiao)の名声は古くから天下に聞こえており、かの有名な高山彦九郎、菅茶山、頼山陽、大塩平八郎、横井小楠などの学(xue)者(zhe)文人も来遊したという。

教育を重んじるDNA「後世までも廃れさす事の無い」ように。子孫代々まで残るよう、建物自体堅牢にこだわりぬかれたことはもちろん、財政的にも学校領を設けて独立させ、藩の財政が傾いても閉鎖されないよう図られるなど、ソフト・ハード両面でさまざまな工夫が施された。光政のこの想いは今も受け継がれている。昭和に入って学校としての役割は他校に統合されたものの、約340年という長い歳月を経た今もなお、磨き抜かれた講堂には子どもたちの論語誦読の声が響いている。
このように、岡山(shan)は先(xian)進的で優(you)れた教育の歴史をもつ。そしてこの岡山(shan)藩のDNAは児(er)島にも色濃(nong)く受け継がれている。学生(sheng)服のまち、児(er)島。ここでは、全国(guo)の7割もの学生(sheng)服を生(sheng)産している。

PAGE TOPPAGE TOP