ピンボールアローズ

こじまさんぽの「ストーリー」「ジーンズ」「ものづくり」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック

ジーンズジーンズ

  1 章:国産ジーンズ発祥の地、児島

1 章:国産ジーンズ発祥の地、児島
~ブルーに満ちた神秘的な国、日本~
1890年、海外との橋渡し役を担った作家、パトリック・ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は開国間もない日本に降り立ち、その海・空・町の青に酔いしれた。江戸幕府の発令した奢侈禁止令(しゃしきんしれい)により、派手な色彩やデザイン・素材までもが限定されていた庶民の間で、古来より伝わる綿藍染めの技術が飛躍的に発達した日本。八雲が下船した明治時代には、商店の暖簾から町人の着物・寝具・うちわや手ぬぐいといった小物まで濃淡様々な色調の青で染め上げられていたという。染物屋を紺(藍染めの代表的な色)屋と呼ぶほど、染物と言ったら青だったのだ。「紺屋の白袴」という諺もある。他人のために忙しく働いて自分の事をする暇がないことの意だが、当時の紺屋さんの賑わいがザワザワと聞こえてくるようなユーモラスな表現だ。

国産ジーンズを日本で初めてつくった児島。半世紀にわたる研究開発の歴史と、日本人ならではの繊細な仕事が織りなす“Made in Kojima”ジーンズは、トップクラスの品質を誇る。国産ジーンズを日本(ben)(ben)で初めてつくった児(er)島(dao)。半世紀にわたる研(yan)究開発の歴史と、日本(ben)(ben)人ならではの繊細な仕事が織りなす“Made in Kojima”ジーンズは、トップクラスの品質(zhi)を誇る。現在では日本(ben)(ben)にとどまらず、世界各国のブランドから注(zhu)文が殺到している。デニム生地発祥の地、そして語源ともなっているフランスの「ニーム市」との交(jiao)流を深め、今や児(er)島(dao)はシリコンバレーならぬ、「デニムバレー」とも呼ばれている。「デニムジーンズ科」のある専門学校(xiao)もあり、県外(wai)からも熱い志をもった生徒が集まっている。

2011.10.29に『デニム航(hang)海路2011「ニームから倉(cang)敷へ」スペクタクルモード in 倉(cang)敷』が倉(cang)敷市「美観(guan)地(di)区」で開催された。

かつて綿織学生(sheng)(sheng)(sheng)服で全国(guo)をほぼ独占していた児島(dao)。最(zui)盛期には日(ri)本の学生(sheng)(sheng)(sheng)服の9割が児島(dao)産であった。だが、合成繊維の登(deng)場により、国(guo)内メーカーの系(xi)列化が始まった。児島(dao)ならではの地(di)域一(yi)貫生(sheng)(sheng)(sheng)産体(ti)制が崩れ始めた。合成繊維素材は、国(guo)内メーカーから販売許可がおりた企(qi)業(ye)しか扱えなかった。しかし、卸(xie)のニーズはテトロン生(sheng)(sheng)(sheng)地(di)の制服。「○○製の生(sheng)(sheng)(sheng)地(di)でないと売らない」となっていた。そこで系(xi)列化にあぶれた児島(dao)の中(zhong)小(xiao)企(qi)業(ye)は「ジーンズ」に活(huo)路(lu)を見出(chu)したのだ。

国産ジーンズを日本で初めてつくった児島。半世紀にわたる研究開発の歴史と、日本人ならではの繊細な仕事が織りなす“Made in Kojima”ジーンズは、トップクラスの品質を誇る。時代は戦(zhan)後(hou)、統(tong)制によりモノクロな世(shi)界となっていた日(ri)本(ben)では、まるで抑えていたものが溢れでるように、生活(huo)に色が戻ってきていた。とはいえ、素材不足(zu)によりろくな衣服(fu)が手(shou)に入らなかったため、闇市(shi)で購入した様々なカラーの米軍古着(zhe)(zhe)が人気をはくしていた。そこに、ジーンズがあった。鉱山労働者(zhe)の作業着(zhe)(zhe)にとつくられたものだったので、驚くほど丈(zhang)夫(fu)で、汚れが目立ちにくく、なんといってもなじみ深い青色だった。繊維のまちとして学(xue)生服(fu)に代表(biao)される長い歴(li)史と技術、販売網に優れていた児島。ジーンズも自分たちでつくれるに違いないと先人たちは考えた。

しかし、想像以上に険しい道であった。なぜなら、まったく何もないゼロからのスタートだったからだ。まず、ジーンズをバラしパーツごとに分解した。思いもよらない数のパーツで、立体的に縫製されていたことがわかった。そして、中白と呼ばれる独特(te)な染(ran)めで味のある青をだしていることがわかった。当時は何度も研(yan)究(jiu)を重ねたが、結局(ju)中白に染(ran)める方法がわからなかった。しかも、「ジーンズの青」がなんとかだせたとしても、「ジーンズの厚(hou)さ」の生地(di)は当時の日(ri)本に存在しなかった。学生服に使われる生地(di)の厚(hou)みの約2倍ほどとなる14オンス(ファッション用は11~12.5オンス)という厚(hou)さ。そのような生地(di)を織ることのできる織機はなかった。そこで政府にかけあい、生地(di)を輸入することにした。だが、いざ縫おうとすると、今度はミシンが壊れた。デニム生地(di)を縫うことのできるパワーと針を備(bei)えたミシンがなかった。開発(fa)を試みるも、うまくいかない。そこでミシンも輸入した。そしてようやく1965年、最初はすべてを輸入し、日(ri)本初の国産ジーンズが誕生した。

PAGE TOPPAGE TOP