ピンボールアローズ

こじまさんぽの「ストーリー」「織物」「ものづくり」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック

織物織物

  1章:世界有数の職人技

1章:世界有数の職人技
ここ児島の歴史は干拓の歴史である。岡山県南の干拓地では、塩分に強く、換金率が高いうえに貢租率の低い棉が植えられていた。19世紀前半には児島半島の北に広がる妹尾~早島~茶屋町~倉敷~玉島や興除~福田などの備前の新田地帯では高い棉作率を示していた。これらの棉作地帯に隣接した児島半島は、土地面積が狭い割に人口は多く耕地が少なかったため、人々は農業生産だけに頼らず綿を用いた内職で生活を支えた。綿を加工して糸をつくり、その糸を太く撚り、さらに機織りして紐や布などの製品をつくった。いわゆる「児島機業地」の発生である。
その後、迦大権現の繁昌により、児島の繊維工業ははなやかに世間にデビューすることとなる。土産物として、小倉帯・真田紐・袴地などが、全国各地から訪れる参詣客に喜ばれた。「瑜迦へ参ったら、金刀毘羅へ参れ。片方参りはせぬように」と言われた、この「ゆが・こんぴら 両参り」は江戸時代から明治にかけて特に盛んだったという。「児島の屋根」由加山の瑜迦大権現、宣伝上手とあって中々繁昌したようだ。

世界有数の職人技明治15年(nian)、下村紡(fang)績(ji)が開業。続いて明治28年(nian)、山陽紡(fang)績(ji)味野(ye)工(gong)場(後(hou)に敷島(dao)紡(fang)績(ji)味野(ye)工(gong)場)開業と紡(fang)績(ji)会社が相次いで創(chuang)業し、繊維の街「児島(dao)」が名(ming)実ともに輝いた。

やがて紡績会社が姿を消し、機屋の数が激(ji)減した今(jin)でもここ児島(dao)には、全国(guo)いや世界に誇(kua)る技術を有する会社が息づいている。

MADE IN JAPAN へこだわる(株)ショーワと特殊織物のリーディングカンパニー明大株式(shi)会社、この2社は織物業(ye)界の世(shi)界的パイオニア。数少(shao)なくなってしまったとはいえ「児島の機屋さんはものすごい」と言わしめる。

世界有数の職人技質というのはなかなか素(su)人(ren)にはわかりにくいもので、取材で最も苦労するところなのだが、実際に目にして、触れてみると「素(su)人(ren)にも伝わってくるその品(pin)質」そんな製品(pin)に驚(jing)きを隠(yin)せない。

PAGE TOPPAGE TOP