ピンボールアローズ

こじまさんぽの「ストーリー」「帆布」「ものづくり」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック

帆布帆布

  1章:「用の美」の宿るものづくり、倉敷帆布

1章:「用の美」の宿るものづくり、倉敷帆布
帆布とは撚り合わせた綿糸を用いて織った、1平方メートルあたり8オンス(約227g)以上の平織りの地厚い織物を呼ぶ。
英語ではCANVASと呼ばれ、船の帆で想像し難いかたは油絵のキャンバスを思い描いていただくとわかりやすいだろう。
本来は天然素材だけで作られていて、撚り合わせの糸の組み合わせにより厚さが定められており1号から11号までの規格がいまも基準値として守られている。使い続けるほどに味わいがうまれ、耐久性・通気性にも優れている。
倉敷帆布はこの「織」が一味違う。極太の糸をヴィンテージジーンズに使われるシャトル織機にかけ平織していく。
すると独特の風合いをもつ「織物の耳=セルヴィッジ」つき帆布が誕生するのである。

「用の美」の宿るものづくり、倉敷帆布倉(cang)敷(fu)と聞いて思(si)い浮かべるのは、まず、なまこ壁(bi)に柳がそよぐ美観(guan)地区の情(qing)景だろう。倉(cang)敷(fu)美観(guan)地区は、1930年(昭和(he)5年)に建てられた日本最初の西洋美術館である大原美術館の建築が契機(ji)となりつくられていったまちである。

 

「用の美」の宿るものづくり、倉敷帆布かつて倉(cang)敷は「綺麗さび」を開(kai)いた茶人、小堀遠州により大(da)(da)阪冬の陣の軍(jun)需(xu)港(gang)として開(kai)花(hua)した。天領として幕府保護の下(xia)、酒脱な商家の取(qu)仕(shi)切る町(ding)として隆盛を極めたものの、時代が移り代わり運河の都市としての役(yi)目(mu)を終えると、今の美観地(di)区からは想像もできないほど堕(duo)ちてしまった。白鳥と鯉が目(mu)を楽しませてくれる堀割は悪臭を放っていたというから哀しいかぎりだ。そのおちぶれてしまった倉(cang)敷を今の「倉(cang)敷」へと導いたのが、クラボウ・クラレ・中国銀行(xing)創(chuang)設期の経営者大(da)(da)原(yuan)孫三郎(lang)(lang)氏とその後継者大(da)(da)原(yuan)總一(yi)郎(lang)(lang)氏。大(da)(da)原(yuan)美術(shu)館を始(shi)めとする主要ランドマークを次々と建設した。そして、この名実(shi)ともに倉(cang)敷のシンボルである大(da)(da)原(yuan)美術(shu)館の敷地(di)内(nei)に、「倉(cang)敷民(min)藝館」がひっそりと佇んでいる。

 

民藝の美には自然の美が活き国民の生命が映える。
而も工藝の美は親しさの美であり潤いの美である、凡ての作為に傷つき病弱に流れ情愛が涸死してきた今日、吾々は再び是等の正しい美を味わう事に、感激を覚えないであろうか。
美が自然から発する時、美が民衆に交わる時、そうしてそれが日常の友となる時、それを正しい時代であると誰か云い得ないであろう。
「用(yong)の美」<上> 柳宗悦コレクション 日本(ben)の美  監修:日本(ben)民藝館

 

「用の美」の宿るものづくり、倉敷帆布帆(fan)布製品(pin)を目にしたとき、この倉敷(fu)(fu)発の民(min)藝(yi)に見いだされた美のかたち「用(yong)の美」を思い描(miao)く。 倉敷(fu)(fu)市曽原、今は陸(lu)続きで当時の面(mian)影を見るのは難しいが、もとは「瀬戸の穴海(hai)」とよばれ船の往来(lai)が盛んであった地(di)域(yu)。その船の帆(fan)として使われていた生地(di)が、文字通り現在の「帆(fan)布」である。今日(ri)の帆(fan)布の7割(ge)は、ここ、倉敷(fu)(fu)で産まれている。

 

PAGE TOPPAGE TOP